ど田舎ノマドワーカー レビュー

 

マメオです。

 

とあるインフォプレナーのメルマガにて拡散されていた

1回3分程度で再現性100%を謳うオファーについて考察していきます。

 

 

ど田舎ノマドワーカー

 

ど田舎ノマドワーカー 斉藤幸助

ど田舎ノマドワーカー 斉藤幸助

 

 

URLはこちら:ど田舎ノマドワーカー

 

 

販売会社:株式会社ファウスト 斉藤幸助

 

 

再現性100%、短時間で莫大な金額を稼げると謳い

リスト取りをしている「ど田舎ノマドワーカー」というオファー。

 

レターでは消費者にとって聞こえのいい

甘い言葉が並んでいる訳ですが

レターの文言は誇大広告と言っていいでしょう汗

 

 

レターのデザインを見れば一目瞭然ですが、

「ど田舎ノマドワーカー」を仕掛けている業者は

間違いなく株式会社collectです。

 

特商法のページで販売会社は

「株式会社ファウスト」となっていますが、

「株式会社collect」という名前が汚れないように

間に1つ会社を挟んでいるのでしょう。

 

株式会社collectという名義では

販売してきた高額塾の数はまだ少ないですが、

以前別の会社名義で数多の高額塾を仕掛けてきた為

やり口は十分に理解しています。

 

株式会社collectとという会社で販売する以前は

「株式会社サイバー」、「株式会社Aプログレス」という名前で

数多くの高額塾を販売してきました。

 

これはcollect、サイバー、Aプログレスの所在地が一緒な事から

実質この3社が同一であるという事が伺えると思います。

 

ただ問題はサイバー、Aプログレスで販売してきた高額塾が

非常に評判が悪く、大炎上してきたという点です。

 

大炎上して会社の名前が汚れてしまったから

新しい会社を立て、検索逃れをしている訳ですね汗

 

株式会社サイバー、株式会社Aプログレスで検索すれば分かるように

この会社のやり方は派手なデザインと、消費者の心をえぐる様な

強烈な誇大広告がトレードマークになっています。

 

つまり今回のオファーに関しても

その誇大広告である可能性が非常に高いと言えます。

 

この時点でかなり注意したほうが良いオファーだと言えるでしょう。

 

 

ちなみに肝心のビジネス内容は

「Twitterアフィリエイト」のオファーであることが判明します。

 

Twitterの規制が厳しくなり

稼ぎにくくなったTwitter市場でアフィリエイトするというのが

今回の「ど田舎ノマドワーカー」というオファーの内容なのですが、

「なぜTwitterアフィリエイトなのか」という部分に関しては

斉藤幸助が語っていた内容に整合性はあると思います。

 

Twitterアフィリエイト自体は、上記したように

あくまでも「規制が強くなり稼げなくなった」ということなので、

「全く稼げない」ということや、「飽和して稼げない」というわけではありません。

 

つまり「規制をくぐり抜けて稼げる新たな手法」があるとすれば

「十分に稼げる市場である」ということです。

 

なので「Twitterアフィリエイトだから稼げない」という訳ではありませんが、

Twitterアフィリエイトに関する懸念点がないとは言い切れません。

 

 

それは「Twitter社の規制強化が驚くほど早い」という事です。

 

以前はTwitterでのアフィリエイトは稼ぎやすい傾向にあり、

非常に多くの業者がTwitterアフィリエイトの高額塾を販売していました。

 

そのせいで本来のSNSの使い方をしているユーザーにとって

お金目的の迷惑な投稿が増えた事で規制が入った訳です。

 

その規制をすり抜けて稼げると謳って販売した塾もありましたが、

すぐにTwitter社に対応され、塾生のアカウントが凍結し

全く稼げず、大炎上してしまうという結末を迎えました。

 

なので今回の塾に関しても

「早々に対策を取られる可能性が高い」

という事が挙げられます。

 

「オールドアカウントで凍結しない」というのはあくまでも現段階だけであって

規制強化されればその時点から稼げなくなることは明白です。

 

なので「いつ凍結されても大丈夫」という方以外は

塾の費用等の金銭的リスクは常に付きまとうことになるでしょう。

 

 

現段階ではローンチの途中ではっきりしたことは言えませんが、

誇大広告の可能性が非常に高いことや、Twitter社の規制強化等

気を付けなければならない点があります。

 

レターの甘い文言を鵜呑みにするのではなく、

慎重に判断していく必要がありそうです。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ