5回クリックで月に50万円以上稼ぐ超速スマホATMビジネスとは…

 

マメオです。

 

スマホを5回ペタペタとタップするだけで

毎月安定的に50万円から400万円稼げるという

オファーの情報が入ってきたので情報をシェアします↓

 

 

超速スマホATMビジネス

 

超速スマホATMビジネス 近藤ひろし 株式会社マーケティングパートナー

超速スマホATMビジネス 近藤ひろし 株式会社マーケティングパートナー

 

 

URLはコチラ:超速スマホATMビジネス

 

 

運営会社:株式会社マーケティングパートナー 近藤ひろし

 

 

スマホを5回タップするだけという非常に簡単な作業で

毎月50万円から400万円もの大金を稼げるとLPでうたっている

「超速スマホATMビジネス」というオファーが開始されました。

 

簡単な作業で大金を稼げるというだけでなく

コンサル生が全員稼いでいるという事もあり、

今回のオファーに注目している方も多くいるでしょう。

 

しかし、こういったビジネスオファーの類は

LPでうたっている文言が誇大広告や嘘であることが高く、

非常に問題となっているため、簡単に信じるのは危険といえます。

 

では、今回の「超速スマホATMビジネス」が

LPで誇大広告や嘘であるかどうか検証していくために

まずはビジネス内容から調査していきたいと思います。

 

 

「超速スマホATMビジネス」のビジネス内容は?

 

「超速スマホATMビジネス」のLPでは

ビジネス内容が一切公開されていないため

メールアドレスを登録して動画を確認しましたが、

 

ローンチ第1話目という事のもあり

動画内でもビジネス内容は確認できませんでした。

 

しかし、「超速スマホATMビジネス」の動画を見て

以前仕掛けられていたオファーのローンチ動画と

全く同じ内容であることが判明しました。

 

 

「超速スマホATMビジネス」の仕掛け人である近藤ひろし氏は

「スマホ錬金術」「ゲーム錬金術」「即金クリックビジネス」

という名のオファーを仕掛けている過去が存在します。

 

超速スマホATMビジネス 近藤ひろし 株式会社マーケティングパートナー1

 

上記の画像を見れば今回のオファーと

うたい文句が全く同じことが確認できるでしょう。

 

そしてローンチ動画も全く同じなので

「LPを変えて再オファーをしている」のが

今回の「超速スマホATMビジネス」になるわけです。

 

 

上記した過去の近藤ひろし氏のオファーのビジネスモデルは

「ブックメーカーアービトラージ」がビジネス内容になっており、

それをツールで攻略していくというものだったので

 

今回の「超速スマホATMビジネス」のビジネス内容も

ブックメーカーアービトラージであることは確定です。

 

 

ブックメーカーアービトラージとは…

 

上記したように、今回のオファーが

「ブックメーカーアービトラージで稼ぐもの」だと判明したわけですが、

ブックメーカーアービトラージに関して知らない方もいるかと思うので

以下から簡単に説明していきたいと思います。

 

 

 

まず「ブックメーカー」というのは

イギリス発祥のギャンブルの胴元になります。

 

超速スマホATMビジネス 近藤ひろし 株式会社マーケティングパートナー2

 

 

ブックメーカーは日本でいうところの

競馬を取り仕切っている「JRA」だと考えればいいでしょう。

 

このブックメーカーを通じてギャンブルすることを

「ブックメーカー投資」などと呼びます。

 

 

次に「アービトラージ」なのですが

これは「両建て」を意味する単語になります。

 

他にも「サヤ取り」などとも呼ばれます。

 

つまり、アービトラージと言うのは

AとBという2つの対象があった場合、

どちらが買っても利益を得られるように

資金を使っていく手法になります。

 

 

ブックメーカー投資を普通にやると

「ただの賭け」になってしまうのですが、

様々なブックメーカー業者の払い戻し金額を利用して

確実に利益を出していくのが「ブックメーカーアービトラージ」になります。

 

「確実に利益が出せる」という事を聞くと

素晴らしいビジネスだと思ってしまいがちなのですが、

 

実際には「超速スマホATMビジネス」でうたっているような

大金を確実に稼いでくのは現実的には無理だといえます。

 

 

ブックメーカーアービトラージでは大金は稼げない

 

理論上は100%確実に稼げる「ブックメーカーアービトラージ」ですが

実は、様々な理由によって大金を稼ぐことは不可能なビジネスです。

 

2010年以前は知る人が知る「確実に利益の出る投資」で

知っている人には非常に人気の手法だったのですが、

現在ではすっかりその人気も下火になっています。

 

その人気がなくなった原因の直接的な理由が

「大金を稼げなくなった」ということにあります。

 

その主な原因は「MAXベット規制」です。

 

 

「MAXベット規制」とはその名の通り

「ベットできる金額に上限設定が設けられる」

ということ以外の何物でもないのですが、

 

ベットできる金額に規制がかかってしまうと

払い戻し金額はもちろん減ってしまいます。

 

通常の使い方、つまりギャンブルでやっている方なら

この「MAXベット規制」は大した問題ではないのかもしれませんが、

 

賭けの対象双方の差額で稼いでいるアービトラージでは

この「MAXベット規制」により1回の利益が数百円ほどになります。

 

つまり、「MAXベット規制」がかかると

「ブックメーカーアービトラージでは稼げない」となるわけです。

 

 

正確に言えば稼げなくはないのですが、

労力に対しての効果が非常に悪いので

誰もやらなくなってしまったということです。

 

一応規制にかからない為のテクニックはありますし、

アービトラージを容認しているブックメーカーもあるので

全く稼げないということはないのでしょうが、

 

過去に販売された近藤ひろし氏の塾では

規制にかかり塾代金も回収できないといった相談もあったので、

いつ稼げなくなるかのリスクが高いものだと考えておいたほうがいいでしょう。

 

超速スマホATMビジネス 近藤ひろし 株式会社マーケティングパートナー3

超速スマホATMビジネス 近藤ひろし 株式会社マーケティングパートナー4

 

 

総評

 

近藤ひろし氏の手法は

ブックメーカーアービトラージを

ツールを使って攻略していくというものです。

 

しかし現状ではブックメーカーアービトラージは規制も厳しく

LPに記載されているような金額を稼ぐのは非常に厳しいといえます。

 

そもそも、LPに記載されている文言が

誇大広告や嘘である可能性も非常に高く

要注意の案件と言っていいでしょう。

 

実際に近藤ひろし氏が過去に販売した高額塾で

「塾の元金も稼げなかった」という相談もあったので

そうした金銭的リスクを念頭においておくべきです。

 

 

では。

 

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ