ツールのパクリ問題は解決したんですか? ダメリーマンが白状します…

 

マメオです。

 

5分のスキマ時間にスマホを使って初月で30万円以上稼げるとうたう

オファーの情報が入ってきましたので、情報をシェアします↓

 

 

ダメリーマンが白状します…

 

ダメリーマンが白状します... 株式会社クウォンツ 寺田正信

ダメリーマンが白状します… 株式会社クウォンツ 寺田正信

 

 

URLはコチラ:ダメリーマンが白状します…

 

 

販売会社:株式会社クウォンツ 寺田正信

 

 

資金ゼロからの副業で初月から30万円以上稼げるという

「ダメリーマンが白状します…」というオファーが開始されました。

 

仕掛け人は寺田正信という人物で、

この方はこのビジネスで1日5分から10分程度の作業で

月に300万円以上の金額を稼いでいるようです。

 

 

しかも寺田正信氏は300万円の売上ではなく

利益で300万円稼げているとのことです。

 

作業時間が1日5分から10分という非常に短いにも関わらず

その作業が難しいというわけではなく、「切り取り」をするだけで

月に300万円という大金を稼ぎ出しているようです。

 

 

まさに「楽に、短時間で稼げる」という性質の案件なのですが、

この手のビジネスオファーではそういったうたい文句ばかりな上に

LPで堂々と誇大広告や嘘を使っている事がほとんどなので、

特に考えもせず、簡単に信じてしまうのは危険といえるでしょう。

 

 

「ダメリーマンが白状します…」のビジネス内容は?

 

今回のオファーの仕掛け人である寺田正信氏は

以前に「疾風X転売」という転売系のオファーや

「オートとライブ型転売セミナー」などを仕掛けていたので、

今回のオファーに関しても転売系のオファーでしょう。

 

直近では「メルマジックスアカデミー」という

フリマアプリの「メルカリ」関連のツール販売を行っていたので

今回のオファーが「メルカリ転売」に関するビジネスの可能性は極めて高いです。

 

ダメリーマンが白状します... 株式会社クウォンツ 寺田正信1

 

 

メルカリを利用した転売は

基本的に無在庫で販売する手法が多いので

寺田正信氏も同様にメルカリ無在庫転売の手法でしょう。

 

LPやローンチ動画でうたっていた「資金ゼロ」と言うのは

商品が売れてから仕入れるという無在庫転売だからこそできるものですので、

メルカリ上で無在庫転売をツールを使って行っていくビジネスでしょう。

 

 

寺田正信氏のパクリ疑惑とは…

 

今回のオファーのビジネス内容を予想したところで

次は仕掛け人の寺田正信氏について言及していきます。

 

 

上記したように寺田正信氏は以前に

無料オファーやセミナーを仕掛けていたのですが、

無料オファーの後の高額塾販売やセミナー販売において

「他人の作ったツールを勝手にパクって販売した」

という情報が入ってきています。

 

どうやら事実関係を確認していくと

これに関しては紛れもない事実のようです。

 

 

実際に寺田正信氏にツールをパクられた「山本章」という人物が

フェイスブック上で寺田正信氏のパクリについて言及していたので、

その投稿を引用して、以下で紹介したいと思います。

 

寺田正信、片山達矢という方のセミナーの
連絡がAma速会員さんから良く来るように
なってきました。

「市場独占型転売セミナーゴールデンモノ
ポリー」というセミナーを最近行なって
おられ、セミナー終わりに中国独占
トレードスクールというスクールの勧誘が
付いてきます。

その中で、アマチェイス(AMACHASE)と
いうツールが紹介されます。

私自身も現場に行って確認したのですが、
このアマチェイス(AMACHASE)という
ツールがAma速にそっくりでした。

リクエストの作り方やリクエストの動き、
リクエスト一覧のレイアウト、リクエスト
結果のレイアウトがとても酷似しています。

セミナーの内容やAma速との比較はさてお
き、この両名とのいきさつを話したいと
思います。

今年の春頃、寺田氏から、スクールをやる
のでAma速を公式ツールとして使わせて
ほしいという申し出がありました。

実際に会ってお話したのですが、その時は
スクール用のツールを探していて、
Ama速の会員制度をそのまま利用しても
構わないので使わせてほしいという要求が
ありました。

私としても会員が増えることはありがたい
ですし、Ama速の定期支払いをそのまま
利用いただけるということなので申し分
ない条件だと思い合意しました。

しかし、数週間経ったある時、様子が
おかしくなってきました。

デザインを変えてほしいとか、ロゴを変えて
ほしいといった要望が上がってくるように
なってきました。

スクール用なのでAma速の機能をそのままに
ロゴとデザインの差し替えをしてほしいと
言うのです。

私はそれに対して、ロゴやデザインを変える
のは構わないが、処理がその分重くなるし、
入り口が一緒なので意味がないのでは、と
伝えました。

すると、「その件についてはプロモーターの
片山さんが大阪に行くということなので、
3人で会う時間を作ってください」と
言われました。

そして、3名で会う時がきました。

その中では、片山氏が主導権を握っており、
色々と要求をされました。

内容としては、

・ツールをスクール生に永久に無料で
使わせたい

・Ama速と同等機能ではなくてもいいので、
スクールの呼び水として専用ツールを
作りたい

・Ama速と同じような機能になるかも
しれないが、スクールに入る人は
気付かないから大丈夫

というものが出てきました。

そこで私は、

・Ama速のブランドを広めていきたいから
その要求は飲むことができない

・要求通りの専用ツールを作ってもいいが、
そもそも私は請け負い型のプログラマー
ではないので、請け負いたくない

・そもそも寺田氏との合意条件は、Ama速の
会員制度をそのまま使うことだったはずだ。
そちらの内密で変えられていたことに
憤りを覚えている。

・専用ツールを作るなら、そちらのスクールの
売上からAma速と同じ使用料をスクール生の
人数分支払っていただきたい

と伝えました。

それでも、専用ツールを作ってほしいと粘られ、
いくらなら作ってくれるのかと問われたため、
あくまでも作るつもりはないという前提を
付けた上で、適当な金額を言い渡しました。

そこで適当な金額を言い渡したのは私の落ち度
ではあるのですが、後日、その金額で作って
ほしいとの依頼がありました。

しかし、前提として伝えた通り、やはり作る
つもりはないという形で断りを入れました。

それから二人からは何も連絡がなくなりました。

そして出てきたのが、チャイナポートです。
Ama速と全く同じ形で作られた偽サイトでした。

これを寺田氏に伝えたところ、そういうサイトは
作っていないと言われました。

そして、偽サイトに注意とFacebookページに
書いたことで、犯人が気付いたのか、すぐに
そのチャイナポートは閉じられました。

しかし、寺田氏が開いたセミナーにお邪魔して
みると、明らかにAma速を模倣したサイトが
AMACHASEという名前でお披露目されて
いました。

最初に寺田氏と二人で会った時に、良い条件で
合意が取れたので内部設計のことをぺらぺらと
しゃべってしまいました。

寺田氏はAma速の元会員であり、チャイナポート
事件の前後に会員を退会しました。

それからしらばくして、寺田氏からの紹介で
入った会員さんも退会されました。

寺田正信、片山達矢の両名とは、こういう
経緯があります。

あるAma速会員さんから、

「市場独占型転売セミナーというものに出て
その場では良さそうと思ったが、その後帰宅
して調べていたら、Ama速と出会いました。

寺田さんのものより良いものと分かったので
すぐに使い始めました。

バージョンアップも頻繁にされているし
どんどん良くなっていますね。
それも本家本元だからですね。

高額のスクールに入る必要がなくて、
本当に助かりました」

というメッセージをいただきました。

私自身は風邪をひいたのと、この件が
重なって憂鬱になっていたので、
非常にありがたかったです。

先日行ったセミナー最後に「Ama速をコピー
したものでしょうか?」と寺田氏に質問しま
したが、「違います」と、はぐらかされました。

更に「セミナー中にリクエストしたデータが
20分経っても終了していないのですが、
処理時間を教えてください」と質問したの
ですが、「後で個人的に回答します」と
またもやはぐらかされ、

「対象は何件か見せてください。セラーIDを
クリックしたら見れますよね」と聞くと、
「今はできません。こちらも後で個人的に
回答します」と、またはぐらかされました。

そしてその後2日経ちますが、連絡は
ありません。

できるだけ感情を入れないで、事実だけを
書きました。

皆様のお役に立てば幸いです。

引用元:4LDKを中国輸入でゲット!山本章の中国輸入ビジネス情報局

 

上記引用をご覧いただければ分かるように、

寺田正信氏が山本章氏のツールをパクったのは明白です。

 

 

あくまでも今回のオファーとは関係のない

寺田正信氏が以前仕掛けていた高額塾などに関する問題ですが、

この一見から寺田正信氏の人間性は窺い知れると思います。

 

人のツールをパクって販売していたわけですから

まともな人間ではないことは確かでしょう。

 

 

ちなみに、今回のオファーは「メルカリ転売」と予想されるので

もしかすると今回の無料オファーにも「楽メル」の

パクリツールなどが提供される可能性があります。

 

 

寺田正信氏のメルカリ転売手法で稼げるのか?

 

上記したように、あまり人間性の優れない寺田正信氏ですが

その寺田正信氏の手法で稼げるようになるのでしょうか。

 

 

実際に私が予想したように、今回のオファーが

無在庫でのメルカリ転売がビジネス内容なのであれば、

仕入リスクがないので赤字になることはありません。

 

1点でも商品が売れてしまえば「稼げる」になるので

全く稼げないということはないでしょう。

 

(そもそも転売ビジネスで「全く稼げない」はあり得ませんが…)

 

 

しかし問題は別のところにあります。

 

それはLPに「初月で30万円以上」とうたっている事です。

 

 

メルカリ上での無在庫転売であれば

「全く稼げない」「赤字が出る」等の問題は

現実的に考えてあり得ないのですが、

 

LPに「初月で30万円以上」と記載されているからには

初月で30万円稼げなければ誇大広告や嘘に当たります。

 

通常であれば、広告でそのような記載があるのであれば

「本当にそのような事実がある」と思ってしまいますが、

冒頭でも述べたようにこうしたビジネスオファーの類では

誇大広告や嘘が当たり前のように使われています。

 

だからこそ今回のオファーに関しても

「初月で30万円以上」という記載に関しては

誇大広告や嘘の可能性があるので注意しましょう。

 

 

ちなみに、寺田正信氏が以前仕掛けていた

「X転売スクール」という高額塾では、

無料オファーの際のうたい文句で

「初月から最低でも30万円稼がせる」

と明確にLPに記載していましたが、

 

「稼げなかった」「騙された」として

寺田正信氏に返金を求める購入者が相次ぎました。

 

 

果たして今回の手法では大丈夫なのでしょうか…

 

 

総評

 

今回の寺田正信氏のオファーのビジネス内容は

「メルカリ上での無在庫転売」であると予想されます。

 

 

転売ビジネスの性質上

全く稼げないという事はありませんし、

 

 

メルカリでの無在庫転売に関しては

私が現状で稼いでる背景もありますので

おそらく全く稼げないものではないでしょう。

 

 

ただし、今回のオファーのLPには

はっきりと「初月で30万円以上」と記載されていますが、

この金額を稼ぐのは厳しいといえます。

 

それは寺田正信氏が過去に販売した高額塾で

初月で30万円以上稼がせる旨の記載を

今回のオファーと同様にしていたのですが、

 

実際に購入した方に「稼げなかった」として

寺田正信氏に返金を求めた方がいたからです。

 

その過去の塾のそうした背景を見ると、

今回のオファーの後に販売されるであろう高額塾でも

同様の状況になる可能性が非常に高いでしょう。

 

 

それ以外にも今回のオファーの仕掛け人である寺田正信氏は

過去の高額塾やセミナーで販売していたツールの内容が

他人のツールの丸パクリという事実があったことから

あまり信用の置けない人物と言えるでしょう。

 

 

ちなみにメルカリ無在庫転売に関しては

寺田正信氏に高額なスクール費用を払って学ばずとも

Club Import Systemで十分に学べますので、

興味がある方はチェックして下さい。

 

 

 

現状ではオススメのできないオファーではありますが、

まだビジネス内容の詳細が公開されていないので

今後の展開次第ではといったところでしょう。

 

ただし、上記のような事実があったことは

念頭に置いておいたほうがいいかと思われます。

 

では。

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

あなたのその行動によって

今後の被害者を減らすこともできるので

必ずお金を取り戻す行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ