ネオネット副業 レビュー

 

マメオです。

 

「副業革命」、「異次元の最新副業ノウハウ」という謳い文句で

新しさを前面に押し出した「ネオネット副業」というオファーが開始されたので記事にしたいと思います↓

 

 

ネオネット副業

 

ネオネット転売 飯島ヒロト

ネオネット転売 飯島ヒロト

 

 

URLはこちら:ネオネット副業

 

 

運営者:飯島洋灯

 

 

「新時代の副業ビジネス」として

上記したように、新しさを全面に押し出した

「ネオネット副業」というオファーが開始されました。

 

ローンチ動画を確認すると

第1話のローンチ動画であるのにも関わらず

今回のオファーが「転売ビジネス」であることが公開されています。

 

しかしローンチ動画の内容を元にすると

ヤフオクで仕入れてAmazonで販売するという

いたって普通の国内転売ビジネスです。

 

ツールを利用してリサーチするという点でも

他の転売系オファーや塾と変わらず

「どこが最新?」と思ってしまいますが、

ローンチ動画後半で新しい部分が発見されます。

 

 

通常転売ビジネスを行う場合、

自分で稼げる商品を新たに見つけ先行者利益を得るか、

先行者が見つけてきた商品にいち早く相乗りすることで

おこぼれを貰って稼ぐという稼ぎ方が一般的です。

 

よくある転売系オファーや塾は

先行者からおこぼれを貰えるよう

ツールでリサーチしていくわけですね。

 

しかし今回の飯島ヒロトさんの手法は

上記した2つの稼ぎ方ではありません。

 

ローンチ動画で飯島ヒロトさんが言っていた発言を元にすると

「先行者利益を狙った人達が抜けた後に利益を取る」という

「残存者利益」で稼いでいくものになっているようです。

 

しかし、残存者利益を取るから稼げるというのは

正直言って懐疑的な部分があります。

 

 

そもそも残存者利益を得ようとするという事は

基本的には先行者に続いて出品するわけですから

上記した「おこぼれを貰う稼ぎ方」と違いはありません。

 

強いて違いを挙げるとするのであれば

先行者が完全に抜けたあとかそうでないかの違いでしかありません。

 

確先行者の後にあいのり出品することで稼げる事実はありますが

同じ商品を出品する人数が増えれば増えるほど

自分から買ってもらえる確率は低くなります。

 

先行者であれば、ライバルが参入するまでに

事実上の独占状態で稼ぐことができますが、

残存者利益で稼ごうとすると先行者だけでなく

ライバル全てが抜けたあとでなければ

独占的に販売する事はできません。

 

しかも今回のオファーでは

他の塾と同じようにツールを利用する訳です。

 

つまり仮に先行者やライバル達が全て抜けたとしても

同じツールを使うもの同士がその商品に群がるわけです。

 

仕入先を自身で独占できれば

この状態でも利益を上げていくことは十分可能ですが、

対象商品を全てヤフオクで監視するという事はできないので

ライバルが参入してくることは目に見えています。

 

「残存者利益」などともっともなことを言っていますが、

先行者利益を獲得できるように転売したほうが

明らかに稼ぎやすいのは言うまでもありません。

 

 

新しさを前面に押し出している割に他の塾やオファーとそう大差はなく

かつ収益化する手段としても微妙な手法になっています。

 

楽して転売ビジネスに取り組めるという事はメリットですが、

リサーチという部分で楽をしようとすると稼げなかったり、

稼ぎにくかったりするのが転売ビジネスです。

 

飯島ヒロトの自信満々な語り口に魅力を感じ

興味を持っている方も多いでしょう。

 

しかし、もし転売ビジネスを始められるのであれば

自力リサーチするスキルを磨く方が稼ぎやすいですし、

「リサーチスキル」が身につくので、自力リサーチすることをおすすめします。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ