今関塾 レビュー

 

マメオです。

 

高速クリックビジネスのバックエンドの高額塾である

「今関塾」が公開されましたので、考察していきたいと思います↓

 

 

今関塾

 

今関塾 今関庸平

今関塾 今関庸平

 

 

URLはこちら:今関塾

 

 

販売者:今関庸平

 

 

市場規模の大きいオタクをターゲットに

トレカの転売で稼いでいくという

「今関塾」が遂に公開されました。

 

ビジネスモデルとしては

いたってシンプルな転売ビジネスなので

売れる商品のリサーチさえしてしまえば

稼げてしまう内容ではあります。

 

しかし同じツール、同じノウハウを使っている限り

塾への参加者同士で競合してしまうのは避けられないでしょう。

 

 

マーケット自体が大きいという事で

「イコール稼げる」という先入観を植え付けようとしえいますが、

「トレカの市場で855億円~1000億円」というのは

あくまでもトレカ市場全体の数字です。

 

つまり「トレカ転売の市場ではない」という事です。

 

大きい数字を出すと消費者はその時点で

「すごい金額の市場=稼げる」と思いがちですが

トレカ転売市場での市場規模ではないので

勘違いしないようにしましょう。

 

 

マーケットが大きいという事に伴い

「飽和」に関してもレターで言及しています。

 

確かに市場自体は飽和という概念はないですが、

参入者が増えれば増えるほど参入者同士で競合して

稼げなくなるという事は目に見えています。

 

市場自体が飽和にならなかったとしても

稼げないというのは十分に考えられるわけです。

 

特に同じノウハウ、同じツールで実践する限り

競合してしまうのは当たり前なので

稼げる人間はごく一部のみと言い切れます。

 

結局は仕入先がオークションな訳ですから

「誰が仕入れるか」参入者の中で

熾烈な競争が起こるわけです。

 

だからこそ自ずと稼げない人間が出てきてしまうという事ですね。

 

 

「楽して稼ぐ」という文言がレターには見受けられますが、

上記したように参入者同士で競争が起こるわけですから

「如何に作業に打ち込むか」で稼げるか稼げないかが決まってきます。

 

つまり逆に言えば

「楽して稼ぎたいと思っている人ほど稼げない」

という事ができるでしょう。

 

自力で目利きして独自リサーチができれば別ですが

ツールを使っている限りラットレースから抜け出すことはできません。

 

「努力すれば必ず稼げる」という綺麗事は言いませんが

「努力しないと稼げないビジネス」が転売ビジネスです。

 

ラットレースから抜け出すためにライバルより多くの時間を割いて実践し

ライバルよりも多くの努力を積み重ねていかなければなりません。

 

ですので「ツールがあるから楽に稼げる」と思っている方は

絶対に稼げないので手を出さないほうがいいでしょう。

 

 

転売ビジネスにおいて作業量は絶対に必要になってきます。

 

特に今回のようなツールを使ってノウハウでは

「いかに早くライバルを出し抜いて仕入れるか」

という部分が重要になってきます。

 

ですので、あまりビジネスに時間が取れない方にとっては

参加しないほうがいい塾となります。

 

逆に元々トレカに興味があり、

ツールを使わず自力リサーチできる方であれば

十分に参加する価値はあることでしょう。

 

転売ビジネスにおいて

「楽して稼ぐ」という考えは捨て去ったほうがいいです。

 

ツールはあくまでも時間短縮するためのもの、

樂して稼ぐものではない事を覚えておきましょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ