日本にいながら沈み行く日本から脱出する唯一の方法 レビュー

 

マメオです。

 

某インフォプレナーが拡散していた案件で

面白そうなオファーを発見したので、情報をシェアします↓

 

 

日本にいながら沈み行く日本から脱出する唯一の方法

 

日本にいながら沈み行く日本から脱出する唯一の方法 ガレス真波

日本にいながら沈み行く日本から脱出する唯一の方法 ガレス真波

 

 

URLはこちら:日本にいながら沈みゆく日本から脱出する唯一の方法

 

 

「日本にいながら沈み行く日本から脱出する方法」

という非常に長い名前のオファーが開始されました。

 

「沈み行く日本」など

日本に在住している事の危機感をあおり、

リスト取りをしているのが今回のオファーです。

 

仕掛け人は「ガレス真波」という人物で、

中卒ながらも海外へ留学し、MBAを学び

米国公認会計士等の資格を持つ人物です。

 

 

ローンチ動画を確認すると今回のビジネスが

「ネットワークビジネス」であることが分かるのですが、

ガレス真波の言うとおり、確かに日本ではネットワークビジネスに対して

変な偏見などを持っている方が多いです。

 

MLM(マルチレベルマーケティング)以上に優れたマーケティングはなく、

実際にアメリカでMLMの講義等があるのも事実です。

 

海外系の保険の顧客獲得方法が口コミによるものであることも

MLMというシステム自体が重要視されている証拠でしょう。

 

ですので、そのMLMを個人間で行っていくネットワークビジネスが

優れたビジネスであるということは言うまでもありません。

 

ただ、某ネットワークビジネスの販売員が

犯罪的で無理矢理な顧客獲得を行ってきたせいで

日本では妙な偏見が存在してしまっているわけです。

 

「ネットワークビジネス=悪」みたいな笑

 

「口コミ」で広げていく形なので

もともと人脈が少ない方にとっては厳しいですが、

ビジネスとしてきちんと努力し取り組めば

結果がでないことはないビジネスです。

 

ですので「ネットワーク=危険」という

浅い考えはチャンスを潰しかねないので

しないほうが得策と言えるでしょう。

 

 

日本への危機感をあおり、

それをネットワークビジネスで解決するのが

今回のガレス真波のオファーになるのでしょうが、

ローンチ動画内では無理やり危機感をあおろうとしている節があるので

私は正直ガレス真波に対して不信感を感じます。

 

実際にローンチ動画を目にすると分かるのですが、

ガレス真波は非常に喋りも上手く、

思わず納得していまいそうな内容でした。

 

しかしながら、ガレス真波の喋る内容に

納得するように誘導している節が見受けられたので

私はガレス真波に不信感を感じてしまいました。

 

例えば以下のような発言等ですね。

 

日本にいながら沈み行く日本から脱出する唯一の方法 ガレス真波1

 

 

上記の画像はガレス真波が

海外へ進出する日本人と中国人の人数を比較している部分ですが、

中国よりも人口の少ない日本が8倍の差を付けられていても

なんら不思議はありません。

 

なぜなら「日本はマーケットとして成熟しているから」です。

 

発展途上国である中国と

先進国である日本の海外進出率を比べているのがナンセンスです笑

 

実際に日本の海外進出が減ったのは

「海外に進出しなくても日本にマーケットがある」

だからこそ進出率が減っているわけです。

 

そもそもネットワークビジネスをしたからといって

海外進出になる訳でもないですし、

全く関係のない話ですね笑

 

ローンチ動画の中のこうした部分が意図的に、

かつ無理やり危機感をあおっている感じがするので

あまり信用の置ける人物ではなさそうです。

 

 

ネットワークビジネスは確かに個人でも

大きな金額を稼げる可能性のあるビジネスです。

 

しかしネットワークビジネスで成功する人間は

もともと人脈があったり、セールス能力がずば抜けていたり、

嘘を平気でつけるような人間しか無理だと言えるでしょう。

 

もちろんビジネスなので

万人が成功できるという訳ではないのですが、

ネットワークビジネスに参加するだけでグローバル(笑)という点と、

上記の収入を得る一定条件を同クリアしていくのかという点が気になるので

今後も調査を続けていきたいと思います。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ