アパレルビジネスカレッジ レビュー

 

マメオです。

 

栗木裕子さんの高額塾が遂に公開されたので

情報をシェアしたいと思います↓

 

 

アパレルビジネスカレッジ

 

アパレルビジネスカレッジ 栗木裕子

アパレルビジネスカレッジ 栗木裕子

 

 

URLはこちら:アパレルビジネスカレッジ

 

 

販売者:ハイパーマーケティングホールディングス株式会社 加藤行俊

 

 

非常にクリーンなLP、動画で集客していた

栗木裕子さんの高額塾がついに公開されました。

 

セミナー自体への参加はしていませんが、

ローンチ動画全てに目を通した感想は

分かりやすく見やすい内容だという感じです。

 

アパレルビジネスカレッジの募集ページに関しても

他のセールスページ、業者とは一線を画したクリーンさで

非常に好感が持てる内容となっています。

 

 

ちなみに、アパレルビジネスカレッジの特徴は

「KEEP OUTメソッド」にあります。

 

転売系の他の高額塾は大抵

「ツールを使ってAmazonで相乗り出品して稼ぐ」

という内容になっています。

 

しかし、全く同じツールを塾生が使うことで

全く同じリサーチ結果になるということから

塾生同士で競合してしまうという事は言うまでもありません。

 

そのような低俗な塾が乱発されたせいで

現在ではあいのり出品のみで稼ぐのは

かなり厳しい状況になっているようです。

 

 

しかしアパレルビジネスカレッジの場合は

他の塾のような「相乗り出品」で稼ぐという形ではなく

あくまでも「独自の販売ルートを確立すること」にあります。

 

Amazonの商品ページを新たに作成することで

競合の多い相乗り出品を避けることができ、

利益を最大限確保する事ができます。

 

もちろんその商品に対して

後々相乗り出品してくるライバルもいるでしょうから

完全なる独占販売にはなりません。

 

なので、競合が増えないように

競合が参入できない状況に持っていくために

オリジナル商品化してしまおうというのが

「KEEP OUTメソッド」ですね。

 

 

また他の高額塾のようにツールありきの転売ビジネスではなく

きちんとスキルを磨いていくという内容になっているので

この点に関しても、他の高額塾とは違う点になります。

 

他の高額塾ではお手軽感を持たせるために

やたらとツールを売りにしていますが、

最初からツールを使ってビジネスをするということは

スキルが全く身につかない事と同義です。

 

ビジネスの本質は「スキルを磨くこと」です。

 

ツールありきのビジネスの場合は

仕様変更やツールが使えなくなった時点で

ビジネスができなくなってしまいます。

 

だからこそスキルを磨く為の高額塾は

ビジネスの本質を押さえていて、

本当の意味の「スクール」だと言えます。

 

 

ただ、やはりスキルを磨いていくスクールなので

「楽して稼ぎたい」と思っているような方は

一生稼ぐのは無理な内容となっています。

 

これはセールスページに記載されている通りです。

 

アパレルビジネスカレッジ 栗木裕子1

 

あくまでも「スクール」な訳ですから

きちんと学ばない限り、稼ぐことはできません。

 

しかしこれは「英会話スクール」なども同様です。

 

きちんと勉強しなければ、実践しなければ

英語を話すことができないのと同様です。

 

ですので学び、行動する意欲がない方は

一生稼ぐことができないということですね。

 

 

アパレルビジネスカレッジは販売もクリーンで、

かつビジネスの本質を抑えられる有用なスクールだといえます。

 

費用は他の塾よりも高くなっていますが、

講師への費用、環境を提供してくれる事の費用と考えれば

世の中の一般的なスクールよりも費用対効果はいいでしょう。

 

「高額」という事だけで叩いているような

レベルの低い、「誹謗中傷レビュアー」なども存在していますが、

費用に見合った効果が得られるのであれば全く問題はありません。

 

LP、ローンチ、販売ページと見てきた中で

アパレルビジネスカレッジに関しては少なからず

費用に対して効果(学べる環境)が見込めそうですので

資金に余裕のあってファッション好きの方は

参加してもいいでしょう。

 

しかし上記したように

きちんと学び、実践するという意欲がない方は

参加しても稼げる見込みはないので、

参加はやめておきましょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ