偽物認定!? 佐藤和義の1クリックチェックビジネスに要注意

 

マメオです。

 

前回の記事に引き続き、今回も

「1クリックチェックビジネス」

というオファーについて記事にします↓

 

 

1クリックチェックビジネス

 

1クリックチェックビジネス 佐藤和義 株式会社クレアストマネジメント 山本誠二3

1クリックチェックビジネス 佐藤和義 株式会社クレアストマネジメント 山本誠二

 

 

URLはコチラ:1クリックチェックビジネス

 

 

販売業者:株式会社クレアストマネジメント 山本誠二

 

 

前回の記事にて

佐藤和義氏のオファーである

「1クリックチェックビジネス」のビジネス内容が

バイナリーオプションの可能性が高いと

記事にて言及したわけなのですが、

 

今回の記事では前回とは違う観点から

「1クリックチェックビジネス」について

考察していきたいと思います。

 

 

論外… 1クリックチェックビジネスを信用出来ないわけとは…

 

普段はビジネスモデルの観点から

そのオファーのビジネスの脆弱性や

ビジネスモデルの欠点について

考察し、注意喚起しているのですが、

 

今回の「1クリックチェックビジネス」に関しては

ビジネスモデルうんぬんを別にして

信用できないわけが存在しています。

 

 

それはビジネス提唱者の佐藤和義氏と

その教え子である実績者達が

明らかに「演技」していることにあります。

 

 

実際にローンチ動画を

注意して見なおしてもらえれば

すぐにわかると思うのですが、

 

佐藤和義氏、実績者ともに

発言の一つ一つが「棒読み」です。

 

 

特に実績者に関しては

三文芝居とも呼べるくらい棒読みで

自分の言葉で喋っていないことがわかります。

 

佐藤和義氏に関しては

頑張って抑揚をつけているみたいですが、

よく聞くと抑揚の付け方が不自然であったり、

 

インタビュアーとの対談の最中に

インタビュアーの方以外をチラチラと見ており、

カンペを読んでいることが把握できます。

 

 

こうした棒読みやカンペ読みなどは

他のオファーでもよく使われているのですが、

なぜこうしたことが起こるのかというと理由は簡単で

 

実質プロモーションを仕掛けている

ノウハウ提唱者の裏に控えている会社が

ローンチのあとに販売される約30万円の高額塾を

より多く販売するために、「演出」という名において

ノウハウ提唱者や実績者を自分たちの「演出」のとおりに

喋らせ、コントロールしているからに他なりません。

 

 

事実上、これはノウハウ提唱者よりも

背後にいる販売会社が力を持っているからなのですが、

それは棒読みやカンペ読み以外の部分で確認できます。

 

1クリックチェックビジネス 佐藤和義 株式会社クレアストマネジメント 山本誠二4

 

例えば、LPにある上記画像の部分です。

 

 

ローンチ動画内では、ノウハウ提唱者の佐藤和義氏が

ものすごく稼いでいて、成功者であるように

インタビュアーの方がティーアップしているのですが、

 

その成功者であるはずの佐藤和義氏が

LP上で上記のような間抜けなポージングで

写真を撮られ、その写真がLPで使用されています。

 

 

上記の画像が「背後に控える会社 > 佐藤和義」という仮説を

裏付ける最たるものであり、それと同時に

 

「本当に佐藤和義という人間は成功者なのか?」

 

という疑惑を植え付けるものとなっています。

 

 

実際に、多くの無料オファーでは

力と金を持っている無料オファーを仕掛ける販売会社が

なんのスキルも力も持っていない人間をどこからか捕まえ、

 

出演料を払うから、もしくは

高額塾販売で得た利益のパーセンテージを渡すからという理由で

スキルも知識もない素人に、偽のノウハウ提唱者を演じさせています。

 

 

今回のオファーノウハウ提唱者である

佐藤和義氏がそういったケースなのかは

今回のオファーの関係者しか知り得ないので、

 

「佐藤和義はニセモノだ!」

 

と結論付けることはできませんが、

佐藤和義氏と販売会社の力関係を考察すると

その可能性は非常に高いといえるでしょう。

 

 

今回の「1クリックチェックビジネス」のように

ノウハウ提唱者であるはずの人間よりも

販売会社のほうが圧倒的に力を持っており、

その命令によってノウハウ提唱者が

動画等で演技しているものは多く存在しています。

 

本当にお金を稼いでいれば

販売会社の言うとおりにする必要はないので

おそらく佐藤和義氏もニセモノの可能性が高いのですが、

 

果たして、佐藤和義氏やそのオファー、

そして高額塾に対し信頼が置けるのでしょうか?

 

 

その判断はあなたがすることですので

私がとやかく言うつもりは一切ないのですが、

 

「君子危うきに近寄らず」

ということわざもあるくらいなので

注意したほうがいい案件だということは間違いないでしょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ