みんなの4Kスクール レビュー

 

マメオです。

 

平田淳が仕掛けるキッチンタイマービジネスというオファーが

遂に高額塾の販売を公開したので、記事にします↓

 

 

みんなの4Kスクール

 

みんなの4Kスクール 平田淳

みんなの4Kスクール 平田淳

 

 

URLはこちら:みんなの4Kスクール

 

 

販売者:株式会社COL 平田淳

 

 

キッチンタイマービジネスというオファーを経て

「みんなの4Kスクール」という高額塾が公開されました。

 

以前記事にした時に「投資系のビジネスなのでは」と予想したとおり、

ビジネス内容は「バイナリーオプション」という投資系のビジネスでした。

 

そのバイナリーオプションを

通知システムに従ってトレードしていくというのが

今回の「みんなの4Kスクール」の内容となります。

 

 

今まで数本のローンチ動画を確認してきたワケですが、

今回のオファーは比較的良心的なオファーだと感じました。

 

それは稼げる云々といった話ではなく、

投資に関わるリスクについて動画内で言及していたからです。

 

みんなの4Kスクール 平田淳1

 

 

他の投資系ビジネスのオファーでは

動画内で「一切リスクはありません」などと言っておきながら、

販売時にこっそり特商法に金銭的リスクについて書かれているものが多いです。

 

そんな中、きちんと動画内において

特商法を見ない方に向けてきちんと金銭的リスクを周知させるために

上記の文言を表記するのは良心的だと感じました。

 

ローンチ動画で洗脳にかかっている方に関しては

上記の文言を見たところで何も変わらなそうですが…汗

 

 

だからといっていい商品かというとそうではなく、

あまり手を出さない方がいい案件だとも感じています。

 

ローンチ動画5話目の終盤において

セールス動画の一部が予告として公開されていましたが、

完全に株式会社collectの販売時の文言と同様のセールス文言でした。

 

「成功回避不可能なプログラム」という文言は

サイバー、collectといった会社が手掛けた高額塾販売において

テンプレート的に必ず使われる文言ですね笑

 

案件によって多少の違いはありますが、

基本的にはテンプレートに沿って読み上げるだけのものです。

 

まだ私に届くステップメールでは

販売開始されていないのでセールス動画は見れませんが、

見れるようになればセールス文言の使い回しが判明するでしょう。

 

過去に手がけられたLINE@ビジネス塾、

シャイニングアフィリエイトクラブ、

デュアルライフプロダクションなどのセールス動画と

基本的に同じ文言で構成されていることでしょう。

 

 

上記の事から考えるに平田淳は

「雇われであるインフォプレナー」である可能性が高いです。

 

ローンチ動画内でも気にはなっていたのですが、

カメラ側のカンペを読んでいる風な動画となっていました。

 

なめらかにビジネスに関する発言をしていることは

平田淳自信が投資ビジネスとしているということに間違いはなさそうですが、

あくまでも今回のローンチや塾の販売等の実質的な販売者は平田淳ではなく

背後に控えた株式会社collect、株式会社アクセスの可能性が高いです。

 

A-プログレス、サイバー、collect、アクセスと

次々と名前を変えてきたこの実質の販売会社は

以前より手がけている案件の評判がよくありません。

 

最近販売される高額塾に関しては

間にペーパーカンパニーを挟むことで

その会社名を出さないように小細工をしていますが、

セールス文言や販売ページのデザインからして

上記の会社が関わっていることは間違いないでしょう。

 

ですので平田淳はあくまでも客寄せパンダで

実質的な販売に関しては上記の会社という可能性が極めて高いです。

 

つまり、今回の高額塾に関しても

評判の悪い塾となる可能性が高いということです。

 

 

基本的に投資は自己責任なので

明らかに詐欺目的の悪質案件以外は

やろうがやらまいが本人の自由だと思います。

 

しかし、他のビジネスと比較して楽に実践できるのは

金銭的リスクを背負っているからだということは忘れてはいけません。

 

あまり評判の良くない会社が仕掛けているという事もありますので

参加は極めて慎重に判断しましょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ