完全放置アフィリSYSTEM レビュー

 

マメオです。

 

出すオファーすべてが大炎上している

例のASPから新たなオファーが開始されましたので、

注意喚起も含め記事にしていきたいと思います↓

 

 

完全放置アフィリSYSTEM

 

完全放置アフィリSYSTEM 株式会社YOROI 藤堂亮也

完全放置アフィリSYSTEM 株式会社YOROI 藤堂亮也

 

 

URLはこちら:完全放置アフィリSYSTEM

 

 

販売会社:株式会社YOROI 藤堂亮也

 

 

今回は10年2ヶ月間の間稼ぎ続けているという

藤堂亮也の「完全放置アフィリSYSTEM」というオファーについて

記事にしていきたいと思います。

 

「完全なるほったらかし」という部分と

10年2ヶ月間という非常に長い間収益化に成功しているという

非常に魅力的な文言で集客しているのが今回のオファーになります。

 

しかし、LPの文言を見ていくと

他のオファーと同じような胡散臭さが見受けられ

注意したほうがいいオファーと言っても過言では無いでしょう。

 

 

肝心のビジネスモデル自体はLPの段階で

「アフィリエイト」と判明しているのですが、

詳細が全く不明なため、動画も確認してみましたが

 

典型的なプロダクトローンチの1話目という形で

どういったアフィリエイト手法なのかという事は全く不明でした。

 

しかし、動画のインタビュアーが

メルマガアフィリエイトの商材で有名な

「株式会社KABUTO」の坪井昭樹が出演しているので、

今回のオファーが「メルマガアフィリ」に関するオファーである可能性が高いです。

 

メルマガアフィリであれば

商品選定をしっかりとしたうえで一度構築してしまえば

ほったらかしという事不可能ではありませんし。

 

「10年2ヶ月という長い期間、同一商品が売れるのか?」

という疑問は置いておいても放置型のビジネスには変わりはありません。

 

 

しかし、今回のオファーを仕掛けているのは

過去のオファーがすべて大炎上しているASPである

「メディア.comアフィリエイトセンター」という

悪名高いASPをが仕掛けている案件ですので

LPや動画内の発言を真に受けないほうがいいでしょう。

 

メディア.comアフィリエイトセンターといえば

「割引ビジネス」「JRA倶楽部」「ロイヤル・ファミリー」といった

業界内でも非常に悪評のある案件ばかりを仕掛けていました。

 

メディア.comアフィリエイトセンターの特徴は

他のオファーの追随を許さないような「誇大広告」です。

 

過去のオファー、高額塾の中には、

「作業が全くない」と謳っていたにも関わらず

いざ高額塾に参加すると多くの作業が必要だという事実、

 

また、「初月100万円が確定」と謳っていたのにも関わらず

塾のコンテンツすら出来ておらず、100万円確定どころではない事実など、

 

「高額塾をより多く販売するために嘘を平気でつく」

という悪徳な販売手法で消費者を騙している実態があります。

 

この実態に関しては口コミサイトや

当ブログのようなレビューサイトのコメントなどで

その悪質さが伺えますので、気になる方は検索してみてください。

 

 

つまり、高額塾を販売できれば平気で嘘をつく業社が

今回の案件を仕掛けているからこそ信用しないほうがよく、

また、関わらないほうがいいオファーだと言えます。

 

ローンチ動画内でも

明らかに実績者が演技している(役者?)事が見受けられたので

注意するべき案件と言っていいでしょう。

 

現段階ではビジネスモデルが判明しておらず、

本当にメルマガアフィリなのかということも不明なので

引き続き調査をしていく必要性はあるかと思いますが、

 

正直なところ、メディア.comアフィリエイトセンターが絡んでいる時点で

私個人的には関わらないことをオススメせざるを得ません。

 

今後もローンチの中でも

甘い文言で消費者を誘引してくると思いますが、

簡単に信じるのはやめておきましょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ