M.S.P(ミリオネアシークレットプログラム) レビュー

 

マメオです。

 

プロジェクト名募集という形でリスト取りをしていた

沼倉裕のバックエンドが公開されたので紹介します↓

 

 

M.S.P(ミリオネアシークレットプログラム)

 

 

M.S.P(ミリオネアシークレットプログラム) 沼倉裕

M.S.P(ミリオネアシークレットプログラム) 沼倉裕

 

 

URLはこちら:M.S.P(ミリオネアシークレットプログラム)

 

 

販売者:株式会社MTS 高山和樹

 

 

「プライベートASPを持つ」というスケールの大きい話で

非常にワクワクさせてくれた沼倉裕のプロジェクトですが、

どうやら期待できない方向へ転がってしまたようです。

 

プライベートASPを持ち、アフィリエイターを囲うことで

自分自身がリスト取りをしなくともリストマーケティングができるということで

非常に期待していた案件なのですが、セールスレターを読み、ガッカリしました。

 

M.S.Pのレターを読めば分かるのですが、今回のプロモーションは

「ブログを作成し、集客し、メルマガで販売する」というものです。

 

はっきり言って、何故プライベートASPの話が出たのかが意味不明です。

 

というのも、今回のビジネスモデルに関して

プライベートASPを挟む必要性がないからです。

 

 

確かにプロダクトローンチというビジネスモデルは

短期間で莫大な収益を上げることが可能です。

 

しかし自分のコンテンツを持っていない限り

プライベートASPを持つことに対してメリットがありません。

 

自身のコンテンツを扱っていくということは

自身のASPに登録して貰うメリットがありません。

 

わざわざ自身のASPに登録していなくとも

他のASPで既に扱っているわけですから

新しくアフィリエイター登録するという面倒をかけてまで

新たなASPにアフィリエイト登録はしないでしょう。

 

しかもM.S.Pの参加者たちの中で

アフィリエイターのパイを奪い合うわけです。

 

プライベートASPの意味が全くありません汗

 

おそらく今回の手法では

アフィリエイターは囲えないですね。

 

 

ただし、独自のコンテンツを持っている方は別です。

 

自身が手がけることのできるプロモーションさえあれば

自身のASPしかないコンテンツなのでアフィリエイターも集まることでしょう。

 

なので独自コンテンツを持っている場合に関しては

プライベートASPを持っていることで莫大な収益を上げる事は可能です。

 

あとはそのコンテンツの内容やプロモーションの仕掛け方ですね。

 

そこまで行ってしまうとM.S.Pの範疇からは外れますが、

「これは売れる!」という絶対的なコンテンツを持っている方であれば

M.S.Pへの参加してチャレンジする価値はあると思います。

 

 

独自コンテンツさえ持っていれば

今までと違う人生に踏み出すきっかけとなりそうな塾ですが、

そうでない方にとってはなかなか稼いでいくには難しいビジネスモデルです。

 

独自コンテンツがない場合は

ただのサイト、メルマガを使ったオプトインアフィリエイトですからね。

 

完全に自分のコンテンツでなくてはいけないというワケではないですが、

その場合はコンテンツを持っている知り合いをプロデュースしなければなりません。

 

身近にそんな方がいればいいですが

大抵の方はいないと思いますので、

そういった方は参加を見送ったほうがいいですね。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ