悪質サイト!? 現金山分けドリームプロジェクト「インサイダー」

 

マメオです。

 

号外メールにて拡散されていた案件で

総額3兆3,280億円を山分けするという

いかにも胡散臭いサイトがありましたので

注意喚起とともに情報をシェアします↓

 

 

現金山分けドリームプロジェクト インサイダー

 

現金山分けドリームプロジェクト インサイダー 坂本信二

現金山分けドリームプロジェクト インサイダー 坂本信二

 

 

URLはコチラ:現金山分けドリームプロジェクト インサイダー

 

 

運営者:インサイダー 坂本信二

 

 

総額3兆3,280億円という大金を山分けし、

参加者の銀行講座へ分け前が入金され続けるという

いかにも怪しいうたい文句で集客している

 

「現金山分けドリームプロジェクト インサイダー」

というビジネスオファーがメール等の媒体で拡散されています。

 

 

誰が見ても胡散臭いと感じるような案件なのですが、

「もしかしたら…」と思ってしまうのが人の常。

 

実際に広告ページでは、

実際のメンバーへの入金として

以下のような画像が掲載されています。

 

現金山分けドリームプロジェクト インサイダー 坂本信二1

 

上記キャプチャーでは載っていませんが、

LP上では700万円超の入金も確認でき、

余計に信じたくなる気持ちが湧いてきます。

 

 

しかし、こうしたインターネット上での広告は

誇大広告、嘘、捏造などが蔓延している状況なので

簡単に信じてしまうと後で痛い目を見ることになります。

 

特に今回の「インサイダー」では

どういったプロジェクトなのか

広告ページで記載されておらず、

内容が明かされていなかったので

人柱となって試しに登録してみました。

 

 

「現金山分けドリームプロジェクト インサイダー」の内容は?

 

3兆という莫大なお金を分配するという

うたい文句で集客している「インサイダー」ですが、

実際にメールアドレスを登録し、内容を確認すると

広告ページでうたっていた内容とは全く違う実態が判明します。

 

どういった内容なのかということに関しては

メールアドレス登録後に送られてくるリンク先を見れば一目瞭然なので、

実際に送られてきたサイトのキャプチャーをご 覧ください。

 

 

現金山分けドリームプロジェクト インサイダー 坂本信二2

 

上記をご覧いただければ分かると思うのですが

「インサイダー」が「競馬情報サービス」であることが分かります。

 

早速「分配の話はどうなった?」って感じです笑

 

要するに「インサイダー」という案件は

競馬情報サービスに登録させる人間を増やすために

わざわざ作られた案件であるということです。

 

 

モニター参加に関しては、登録に銀行口座等

登録するのに躊躇する内の記載が必須なので

上記ページ以降がどうなっているのかは不明ですが、

 

競馬をやる以上は資金が必要になるわけですから

広告ページに記載してあったように

「ただ単にお金を受け取る」

ということはありえません。

 

業者に対して馬券代等を支払った後、

当たれば配当として入金をしてもらえる形でしょう。

 

もしくは他の競馬情報サービス会社のように

無料会員に対して高額な情報料を請求する形もありえます。

 

 

どちらにせよ、競馬情報サービスを受け取っても

確実に競馬で勝てるという保証は一切ありえませんし、

 

業者から入金されるタイプのものであれば

資金持ち逃げの可能性がありますし、

高額情報料のタイプのものであれば

情報料に見合わない成果等が考えられます。

 

これらのリスクに目を瞑られるなら問題ありませんが、

どこの、どんな会社が行っているサービスか分からない以上

こうしたリスクを考えた上で参加するべきでしょう。

 

 

こうした競馬情報系サービスの悪徳業者は多く、

競馬の胴元であるJRAが注意喚起を行っています。

 

現金山分けドリームプロジェクト インサイダー 坂本信二3

 

いらぬトラブルを抱え込まないよう

競馬情報サービスなどを利用するのではなく、

あくまでも個人の趣味の範囲内で楽しみながら

競馬に興じるというのが正しい判断でしょう。

 

少なからず、広告ページの誇大広告を見る限り

優良な業者が運営していると思えませんので

甘い言葉を鵜呑みにして参加しないよう気をつけましょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ