アフィリエイトの知識なし!? アダルトバンクビジネスの足立優太氏は偽物?

 

マメオです。

 

前回の記事に引き続き

今回も足立優太氏が仕掛けるオファー

「アダルトバンクビジネス」について

記事にしていきたいと思います↓

 

 

究極の副業 アダルトバンクビジネス

 

究極の副業 アダルトバンクビジネス 足立優太 足立好央

究極の副業 アダルトバンクビジネス 足立優太 足立好央

 

 

URLはコチラ:究極の副業 アダルトバンクビジネス

 

 

運営責任者:足立好央

 

 

前回の記事にて、足立優太氏のビジネス内容が

「ツールを使ったアダルトサイトアフィリエイト」

であることが判明したわけなのですが、

 

ローンチ動画を確認する中で明らかになった

「足立優太氏のアフィリエイトに対する知識のなさ」

について、今回は記事にしていこうと思います。

 

 

足立優太氏のアフィリ手法はめちゃくちゃ!?

 

究極の副業 アダルトバンクビジネス 足立優太 足立好央3

究極の副業 アダルトバンクビジネス 足立優太 足立好央4

究極の副業 アダルトバンクビジネス 足立優太 足立好央5

 

 

月に3万円稼げるようなサイトを量産することで

足立優太氏が月収300万円を稼いでいること、

 

そして、そのサイトを量産する際には

「ATM大量生産システム」という名のツールを使うことで

 

手間なくサイトを量産している事が判明しているのですが、

 

ローンチ動画内の足立優太氏の発言を聞くと

足立優太氏のアフィリエイトに対する知識が乏しく、

全く間違った発言をしている事が判明しました。

 

 

上記したように、足立優太氏はサイトを量産することで

月に300万円という大きな金額を稼いでいるのですが、

足立優太氏の手法のビジネスモデルで考えると

サイトを量産することにメリットは一切ありません。

 

 

「報酬額を増やすためにサイトを増やす」

という事に関しては頷ける部分があるのですが、

基本的にアフィリエイトで報酬を増やすために

サイトを量産していく場合に関しては

 

・別ジャンルのサイトを開設する

・PPCアフィリエイトの手法である

 

この2点の場合以外にメリットはありません。

 

 

アフィリエイトの世界においては、

サイトへのアクセスのメインになるのは

今も昔も検索エンジンが主流です。

 

そして検索エンジンでの検索効果があるのは

検索上位10サイトしかありません。

 

 

そしてさらには、イギリスの「NetBooster」という会社のデータでは

以下のような結果も報告されています。

 

出典:海外SEO情報ブログ

出典:海外SEO情報ブログ

 

上記のデータを見れば分かるように検索上位10サイトでも

7サイト目以降はクリック率が5%を切っており、

かなり集客効果が薄いことが分かります。

 

つまり、検索エンジンでの検索上位以外は

「ほぼ検索効果は見込めない」ということになります。

 

アクセスが見込めなければ

どんなアフィリエイトサイトも見られないので

報酬には一切結びつかないということになるわけです。

 

 

では、話を足立優太氏の手法に戻しますが、

上記の検索エンジンからの検索効果から見れば

同ジャンルのサイトを量産するということは

自分のサイト同士で競合してしまうわけですから、

アフィリエイトの知識がある人間であれば

そんな馬鹿げた事は絶対にしません。

 

むしろ、そんな事するなら

一つのサイトを強化したほうが

よほど報酬アップに繋がります。

 

 

LPに記載されている「2000人以上の生徒」という記載に関しても、

その生徒ひとりひとりが10サイトを運営していると仮定すれば

2万サイト以上という莫大なサイトが作成されているわけなので

とてもじゃないですが検索エンジン上位に組み込めないですし、

 

それぞれのサイトが競合、つまりライバルなわけなので

1サイトで3万円なんて到底稼げない金額です。

 

 

本当に呆れるくらいアフィリエイトに対する知識が足りないか

よほどの誇大広告、嘘を使っている案件だと言えます。

 

 

そもそも足立優太氏のサイト自体、

検索エンジンで検索しても…

 

 

記事の続きを読む

 

 

アダルトバンクビジネス 被害者の会はコチラ↓

アダルトバンク被害者の会

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ