笑いが止まらないLINE@講座 レビュー

 

マメオです。

 

 

メルマガに変わる新しいDRM媒体として注目を浴びている

LINE@のオファーが開始されたようです↓

 

 

笑いが止まらないLINE@講座

 

笑いが止まらないLINE@講座 松宮義仁

笑いが止まらないLINE@講座 松宮義仁

 

 

URLはこちら:笑いが止まらないLINE@講座

 

 

販売者:松宮義仁

 

 

現在ではスマートフォンの普及によって

メールそのものが使われなくなっている現状があります。

 

その影響もあって、現在では

「メルマガの反応率が落ち始めている」

という実情があります。

 

その中でメルマガの代わりの媒体として注目されているのが

LINE@というLINEのビジネス用サービスです。

 

 

LINE@をビジネスで使うことのメリットは

まず開封率が高いことが挙げられます。

 

メルマガは悪質なスパマーなどのせいで

スパマーが利用しているメルマガスタンド自体のメール到達率が

年々低くなってしまっています。

 

その背景にはメーラー業者の規制強化が挙げられます。

 

スパムメール等の迷惑メールのせいで

利用者が減少してしまうとメーラーを運営している業者は困るので

「迷惑メールフィルター」などといった迷惑メール対策を強化するわけですね。

 

その規制によって、スパムメールを配信しているスパマーがいる

メルマガ配信スタンド自体のメールが届かなくなってしまう事などで

メルマガ自体の到達率が年々下がっているという事ですね。

 

迷惑メールに分類されて迷惑メールボックスに入ってしまえば

ほぼ人目に付くことはないので、いくらメール配信を頑張ったところで

意味のない行為になってしまうわけですね。

 

 

またメルマガの反応率が落ちた原因として

LINEのようなコミュニケーションツールの台頭で

メール自体が使われなくなっているという現状があります。

 

ビジネスツールとしては未だに使われているメールですが、

プライベートの連絡用に主に使われているのは

コミュニケーションツールが大半です。

 

総務省のデータを見ていただければ

メールの利用率が年々減っていることがお分かりいただける事でしょう。

 

 

以上二つの理由によって

LNE@が注目されているというわけです。

 

 

今回の松宮義仁のオファーは

そのLINE@をビジネスに活用して

月5万円以上の副収入を得る方法らしいですね。

 

他のインフォプレナーのように誇大広告の類は見られない点は評価に値します。

 

月5万円であれば現実的な数字ですので。

 

ただ今回のオファーはウェビナーの視聴者募集なので

ノウハウに関しては全く不明です。

 

ウェビナーでバックエンドの販売はあるでしょうが

個人的には視聴するだけであれば問題ないと思います。

 

 

ただウェビナーでのバックエンドの参加については

慎重に考えたほうがいいでしょう。

 

というのも、販売者である松宮義仁は

過去に手がけていたプロモーションで炎上しているからです。

 

「松宮義仁」で検索すれば2ちゃんの掲示板が出てきますが、

そこには松宮義仁の塾生などの生の声が上がっています。

 

その2ちゃんの情報を元にするとあまりいい評判では無いようです汗

 

 

以上の点から

ウェビナーを視聴するだけであれば問題はないかと思いますが

バックエンドに関してはあまり期待しない方がいいでしょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

One Response to “笑いが止まらないLINE@講座 レビュー”

  1. のんちゃん より:

    こんばんは。

    マメオさま。のんと申します。

    メールの利用率減ってきているのですね。
    LINEはとにかく便利なので、わたしも友人、仕事
    などでの連絡は、LINEがほとんどです。

    貴重な情報ありがとうございました!
    応援してきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ