インスタント・ボム レビュー

 

マメオです。

 

インスタントラーメンと作れるのと同じ時間でお金を爆発的に増やせるという

怪しいオファーの情報が入ってきたので情報をシェアします↓

 

 

インスタント・ボム

 

インスタント・ボム 萩原りょう

インスタント・ボム 萩原りょう

 

 

URLはこちら:インスタント・ボム

 

 

販売業者:株式会社清水

 

 

今回はスマホを1日3分「スリスリ」さするだけで

毎月700万円を安定的に稼ぐ謳う怪しいオファーを取り上げます。

 

LPでは「短時間で」「簡単に」「誰でも」「安定的に」「700万円稼げる」

という、いかにも誇大広告であろう文言を羅列しており、

非常に怪しい案件が今回の「インスタント・ボム」になります。

 

上記のような耳障りのいい文言が並んでいると

人間は「疑わしく思いつつも信じたい」という気持ちになり、

「稼げるかも」と少しでも信じてしまうものです。

 

しかし、インスタント・ボムのように耳障りのいい文言を並べ

リスト取りをしている案件ほどネット上では炎上しています。

 

特に「楽して大金を稼げる」と謳っている案件ほど

その傾向が強いというデータがありますので、

インスタント・ボムには最新の注意を払う必要があります。

 

 

メールアドレスを登録する前にLPをざっと見たところ、

LPの最下部に「株式会社清水」の文字を発見しました。

 

株式会社清水といえば、

「金がジャブジャブ吹き出る泉」というオファーを元に、

「ゴールドシップ」という高額塾を販売していた会社になります。

 

その際のインフォプレナー「萩原りょう」だったのですが、

今回もLPには「萩原」の文字があります。

 

念の為にメールアドレスを登録してみると

「金がジャブジャブ吹き出る泉」というオファーの際に使っていた

ローンチページをそっくりそのまま使っています。

 

動画も流して見てみたのですが、

前回のモノと全く同じ動画で

前回から使いまわしているようです。

 

「金がジャブジャブ吹き出る泉」というオファーに関しては

以前記事にしていますので、そちらを参照下さい。

 

 

URLはこちら:金がジャブジャブ吹き出る泉

 

 

上記の記事をご覧いただければ分かるのですが、

「萩原りょう」こと「荻原綾」は以前から何度も高額塾を販売し、

前回のオファーから検索逃れの為か、名前を変更しています。

 

真っ当なビジネスを仕掛けているのであれば

名前を変える必要なんて一切ありませんし、

消費者を稼がせるのが目的なのであれば

ネット上の悪評を気にせず以前の名前で

オファーや高額塾を仕掛けているはずです。

 

つまり、上記の事から考えられることは

「高額塾で稼ぐことが目的」だという事になります。

 

この考え方であれば

幾度も幾度も高額塾を販売している点も納得がいきます。

 

日経225で稼いでいるはずなのに

なぜ幾度も幾度も高額塾を販売する必要があるのでしょうか?

 

結局日経225では稼いでいないからこそ

高額塾を幾度も販売している訳です。

 

「2年間で3億円以上の現金を生み出した」というのも

高額塾販売によるものでしょう。

 

 

そもそも萩原りょうが推薦しているビジネスである日経225は

投資系のビジネスになるため、必ず稼げる保証はどこにもありません。

 

LPでは「再現性100%」などという文字が見受けられますが、

実際私のところにも悪い評判のタレコミが来ていますし、

「750人を例外なく稼がせた」というのも大嘘です。

 

しかもタレコミ情報によると、

高額塾のサポート体制は最悪なようです。

 

ある方は50万円、100万円、

そして300万円ものアップセルを購入したにも関わらず、

一切サポートは受けられなかったようです。

 

アップセルの中に個別コンサルティングもあったそうですが、

もちろんコンサルティングを受けることはありません。

 

動画内では正々堂々、真面目で実直な人間に見えますが、

蓋を開ければこのような実態があります。

 

 

萩原りょうに「騙されてもいいから学びたい」というなら別ですが、

高額塾の主たるサービスであるサポートが受けられないような高額塾は

正直おすすめできる点が見当たりません。

 

被害者も多く存在しているので関わらないほうが身の為でしょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ